活動報告

山楽会活動報告

御崎山と佐多岬 1月14日

天気が悪く2回延期しましたが、快晴で暖かく絶好の登山日和となりました。

また大潮の干潮の時間帯で海岸歩きにも最適の巡り合わせでした。

ただ一つ残念だったのは黄砂も飛来して、南の島々がほとんど見えなかったことです。

 

御崎山を越えて御崎神社でお詣り後、新しい展望台で昼食を摂り岬の突端に行ってから海岸を戻りました。

いつものルートですが、昼食後のルートの藪が酷くなっていました。

新型コロナウイルスの影響でこのルートを歩く人がほとんどいないようです。

それでも岬の突端からはウミガメの姿を眺められ、帰りの峠では猿の群れに遭遇することができました。

これからもできる限り毎年登り続けたいと思います。

※最後の写真は、佐多岬に向かう途中で見える、野首岳前衛の岩山です。

刀剣山・白山周回 12月26日

今年の山楽会最終企画、最高の天気で高隅山の刀剣山と白山を10人の仲間で歩いてきました。

刀剣山を快調に登って高隅山の中腹を巡る林道を白山登山口へ進むと、林道の崩壊と荒廃があり苦労しました。

なんとか白山に登り下山しました。下山後、舗装道路を登山口まで頑張って戻りました。

7時間以上の長時間活動で印象に残る山行となりました。

 

栗野岳縦走 12月19日

寒い朝、栗野岳の中腹の枕木階段下駐車場に8名が集合しました。

2台の車に分乗して上床牧場近くの登山口から出発。

原生林の中の急な登山道を汗をかきかき登ると、ようやく稜線に出ました。

稜線からの展望はガスがかかり今一つでしたが、気持ちの良い尾根歩きを楽しみました。

三角点のあるピークでは伊佐市からの小学生のグループとすれ違いました。

見晴台で昼食後下山にかかると急に風が出て気温が急降下し、みるみる晴れわたりました。

青空に葉を落としたブナの枝ぶりが力強さを感じさせてくれました。

中岳(さつま町) 12月12日

天候は今一つはっきりしませんでしたが、寒くもなく気持ちの良い尾根歩きを楽しみました。

観音滝駐車場から中岳の尾根の南に延びる林道を登り、霧島連山がくっきり望める峠の登山口に到着。

急坂で汗をかいて654mの山頂に着いてから、北西に延びる尾根をアップダウンを繰り返しながら下ります。

462mピークから先は四つの尾根に分かれる迷いやすい地形です。

今回はヤッコソウの群生地を見てから尾根を忠実に下り、さらに四等三角点のある331mピークに登りました。

昼食後急な坂を下って駐車場に戻りました。

DCIM100MEDIADJI_0141.JPG

DCIM100MEDIADJI_0142.JPG

大箟柄岳・御岳 12月5日

快晴で暖かい冬の一日、高隅山のテレビ塔下登山口から大箆柄岳と御岳を歩いてきました。

山は真っ赤なウリハダカエデの紅葉が目立ちました。

また縦走路では関西からの団体客をはじめ何組かの登山者とすれ違いました。

小春日和の縦走路は静かで、歩きやすく、清々しい山行でした。

陸路で鹿児島に帰る途中、福山で桜島に沈む夕日がとてもきれいでした。

DCIM100MEDIADJI_0136.JPG

DCIM100MEDIADJI_0137.JPG